#blog-pager-newer-link { float: left; } #blog-pager-older-link { float: right; }


  Home


| ABOUT | BBS | ENGLISH |

         

         




2016- 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015- 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014- 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013- 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 :LOG






2011/03/04
[#]またあう日まで



私事

今日(昨日)は、息子オンさんの卒業式だった。浪人なのでめでたくはないが、2,3日前から、卒業式のことを思うと泣きそうになるという奇病にかかった。オンの先生と、友だちが、好きで好きで仕方ない。

今日などはもう朝から緊迫した状態で、涙でコンタクトが流れ落ちてしまうと思い予備まで用意した。バスに揺られては泣きたくなり、空が眩しいと泣きたくなり、校舎を目にしてその白さに目が潰れそうになった。何度も呼び出しを食らって頭を下げにきた謝罪舎を、本日この時からやっと「息子の母校、学び舎」と、正々堂々と呼べるのである。

式場でしばらく待機している時からこのような呟きをかましていた。

ところがどういうわけか、ぜんぜんヤバくはなかった。
まったくもってこれっぽっちもヤバくない。
ヤバいのはむしろ校長先生だった。
この学園のトップは、過去にも校内広報誌に「DAIGOのうぃっしゅポーズ」で登場したくらいだから、名物理事長が他界した今、何かやってくれるかもしれないという期待はあった。それにしても、まさか卒業のはなむけの言葉に「ラブ注入!」を聞くとは夢にも思わなかったじゃないか……。

涙は出なかったが冷汗はかいた。
唯一泣きどころとして組みこんだ「合唱」なのだろうが、ピアノ男子がありえないくらい(しかもやたらでかい)ミスを連発。演奏は途中でとまる。そのたびに生徒たちも歌をやめる。ポロリポロリと鍵盤をたたく。そろりそろりと手探りのような歌が始まる……。
卒業も浪人もすべて忘れて参列者全員で一心不乱に祈る。
どうか、なんとか(無事にとは言わない。もうすでに無事ではないから)おわりますように……。

そしてピアノ男子は、どんな成績優秀者より三年間皆勤賞より、大きくあたたかい喝さいを一身に浴び、この式典の主役の座を彼一人に譲ったカタチになったがまああれはいたしかたない。そんなわけで、大いに号泣準備を整えていた私の気分が萎えていくのも仕方ないことだと思う。

ただ唯一、担任のM先生によって、壇上から名前を呼ばれるとき、オン含め仲のいい友人たちだけが、式場に響き渡るほど大きく、自衛隊のように覇気のある声で返事をしていた。この3年間、延々と非模範的行動をとりつづけてきた連中が、高校生活最後の日に、全校生徒の前で模範的返事をブチかましたのである。半分居眠りしていた私の隣の保護者を叩き起すほどの大きな声。あれをほめたたえるのを、すっかり忘れていた。

最後に、教室で担任のM先生が「今日の日はさようなら」を独唱してくださった。相撲部の顧問でもある先生が、飾り気のない、腹の底から朗読しているような声で「いーつまでも絶えることなくーとーもだちでーいようー」と歌っていた。

入学当時、一番最初に退学するだろうと言われていたオン、進級の季節になると職員会議にかけられ「もう来年度はないだろう」と言われてきた。あと1回遅刻すれば留年という年には、校門前に寝袋持参で野宿した方がいいのでは・・・という相談を真剣にした。そして実際、あと1回停学になれば、退学という有様だった私の息子が命からがら卒業できたことを「奇跡」と呼んだ人がいたがそれはちがう。このM先生の大きな声のおかげだ。奇跡じゃない。
M先生は毎日、大きな声で生徒一人一人に呼びかけ、心配し、信頼して、守って、大事にしてくださった。私はかつて、この世で恨んでいる人間はただ一人、と書いたが、ここまで感謝してもしきれない他人は他に出会ったことがない。出会ってしまったので私はもう恨んでる人間のことは忘れるつもりだ。

とにかく感謝のしすぎで「感謝系ヒップホップ」さえも今なら受け入れられそうなくらいだ。私はM先生に手紙を書いたが、なぜかオカンや私の弟まで「私も書く」「俺も書く」と言い出すくらい、生徒ら曰く”M(先生)教”はこんなところにまで浸透している。

ええっと、とりとめがないので、いいかげん育児日記はこれくらいにしなくっちゃ、と思いつつ、最後に、彼らの卒業文集の中から、オンの親友であるI君の「作文」があまりにも気に入りすぎてたまらなくなったので転載させてもらいたいと思う。この年代にありがちな、大人びた言葉を残そうとする、あるいは完全にふざけた文章が目立つ中で、彼の自然なふざけ具合と本気かもしれない具合、あと絶妙な照れが大人を煙に巻く。その巧みな技は天性のものだろう。

僕は最初、この学校が嫌いでした。理由はただ一つ、女の子がいないからです。本当にそれだけが理由でした。女の子がいなければ、僕は目立つこともしないし、何もする気になれなかった。だから、今更だが何事も真面目に取り組もうとした。これまでのツケを取り返そうと思った。でもやっぱり長続きはしなかった。すぐに眠気が襲ってくる。このまま地味な生活を送っていくのかと思った。そもそも体育なんてものは、女の子が窓から覗いているから頑張れるものじゃないかと今でも思う。でもこの3年間を通して、素の自分でいられた気がします。先生もまあいじめられた気もしましたけど、なんだかんだ楽しかったです。特に沖縄の修学旅行は楽しかった。いろいろあったけど、やはり1番は僕とバスガイド、いや、僕と「アイ」(※おそらくバスガイドの名前だと思われる)との短い恋です。あれは今でも感動できます。というより今でも愛しているのかもしれません。こう振り返ると、しっかり高校生活を楽しんでるんだという実感が湧いてきます。なんだかんだで良い学校なのだと思いました。でも正直、女の子の件は未だに引きずっています。消しゴム借りたかったし、「男子、まじめにやってよー」と言われたかったし、学ラン着せてはしゃぎたかった。ちやほやされたかった。でも3年間楽しかったです。


------------------

さて、例の、大きな返事の件をオンに訊ねた。「あれはみんなで示し合わせてやろうと思ったの?」と言って、あとで誉めようと思ったが浮かぬ返答が返ってきた。

「ああ、あれね……でもぜんぜんウケなかったっしょ?」
「え?」
「ほんとは『はぁ~?いぃ~?』って言うつもりだったんだけど直前でD(先生)に、『お前ら、ぜったいウケ狙いするなよ、頼むからするなよ、するんだったら卒業してからにしてくれよ』って言われて急きょ変更したんだよ……あれだけは後悔だなー」
と本気で悔しそうだった。

そうか、後悔か。
そんなことより大学落ちたことを真剣に大後悔してほしいんだけど。




#3/04/2011 12:58:00 午前 このエントリーをはてなブックマークに追加

« Home | だってこれがのせたかったんだ » | ハァハァ・・・自分のパンツ何色・・・? » | 半裸は好物ではありません » | ひれ伏すがよい。 » | 大相撲春場所中止ってなんだよ!逆ギレかよ! » | 復活ダイエット アソコの毛ってどこですか? » | なんか最近携帯のバイブにやたらビックリしちゃうんだけど反応良くなったのかな?自分。 » | 豪雨になると 血が騒ぐ » | 世の中まだまだいろいろ転がってるよね » | 乳首Tシャツの真相 »




2016- 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015- 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014- 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
Archive of Deep Red Diary (D.R.D)



サイト名:
Weekly Teinou 蜂 Womanほか
正式アドレスhttp://wtbw.net/
土屋遊またはbw
管理人について

 MENU1

Deep Red Diary
日記ログやテキスト。日記じゃねえじゃねーか等の恐喝類のメールは今まで山ほどもらってますので今更だすなバカ。

ASOBIネタ速報
「めざめよ!」こそめざめよ!

速報ネタ帳です。こちらでブックマークしたものを、コメント付きで即日・翌日あたりにメインで掲載しております。没ネタもあり。現在公開限定中です。


B級マニア新聞
国内外問わず、マヌケな事件・下ネタニュース・仰天報道をコレクション。

 投稿型MENU

参加型メニューがこんなにあります。バカみたいですNE!

ファッケロホール
モンモンした性の悩みを笑い飛ばしましょう。下半身相談。明るすぎる性教育ページ。

低能文学マガジン0点
ミニコミ。複数の低能人によるレポートコラム小説など。

ジャンクポエムアート
ジャンクなポエムとアート。投稿は掲示板です。バカポエム待ってマス。

VS uranai
異母姉妹、コレステロール伊藤とマダムXの占いバトル。当サイトのマスコット珍獣伊藤ちゃん目撃情報満載なの。


写真館(by flickr)
たまに撮った写真をアップしています。

www.flickr.com

 アンケートログ

Pool Station
ハチではたまあにアンケートを実施しています。そのログなどをぼくなつバージョンでご紹介いたします。


連絡はこちらまで

Weekly Teinou 蜂 Womanは低レベルな人種に適したサイト構成になっています。
基本形はバカです。バカを強調します。

現在は主にマヌケニュースや海外バカエロサイトの紹介などをして喜んでいますが、ご覧の通りほかにも色々やってます。




 MAIN MENU

一日数回超常現象のように更新するときもあります。頭おかしいんでしょうか。


ここ深紅日記&トピックス(DRD)
NEWS&トピックス、及び日記の最新2〜3日間くらいは全てココ。紛れもないメインページです。
最新は一番上に。

||DRDの解説もどき||
▼■はサイト、□はニュース記事になります
▼(en)は英語サイト、英語記事、もしくは不明語
▼リンク先はまれに18禁、グロテスクな画像を含みます。そうゆう趣旨ですのでお気づかいなく。
▼それでもこのページをはてなアンテナに追加します。か?
▼朝ごはんを食べることを随時目標としています。

twitter.com
更新状況とゴミメモ。あまり存在を知られていませんがメインに載せるか迷った記事や「歯が痛い」とか「腹減った」など体調の変化、そしてうさばらしにも利用しています。


 メルマガ

超不定期のサギ的メルマガを発行しています。ご希望の方は下記のどちらかにメールアドレスを入力の上『登録』ボタンを押すだけ。サギだけに。絶滅危惧種。
現在休止中です

まぐまぐ>
 
上のフォームから送信できない方はメールで受付
 
 過去のMENU
 いい人田中耕一さん
 B級投稿マニア
 まわし蹴り新聞
  373*73バナーミュージアム

▼参加停滞サイト
関心空間(bwの空間)

 コミニケイションMENU

D.B.D.B.けいじばん
正式名はドバドバなのです。現在休止中

和風Guest-Book
ゲストブック。和風味にキメてましたが休止しとる



Asobi antenna
リンク更新チェッカーです。毎日フル活用してるんだゾ
うちへの登録は
http://wtbw.net/
を推奨します。

ハチバナータンカリンクス
コメント作成に精魂使い果たしましたね。カテゴリ別に紹介。
弊社バナーはこちら

 姉妹サイト

Geisha asobi blog
国内外のバカサイトを毎日紹介する外国人向けWeblogです。当サイトと内容は被るので見るだけソンです。
英語がヘンですよ、とかいちいちメールしないで下さい。私は日本人です。


 今月の課外活動(おしごと)

デイリーポータルZ-コネタ 
@niftyデイリーポータルZ上で、書いてます。自主規制がわりかし大変なの。ネタの提供もお待ちしています!


ひとりごとライブ



 本日のオススメ



Damien Hirst


  





1997-2007 Asobi(bw)Tsuchiya W.T.B.W.1996-20xx. All Rights Reserved.
Contact wtbw@nifty.com with questions or comments regarding this site.





リンクはフリーです。顔文字もフリーです。なんでもだいたいフリーです。 まさかいらっしゃらないだろうとは思いますが、使用している画像の転載などもおおまかにフリーです。 もしかしたらいらっしゃるかもしれませんが、 管理人の画像をTシャツプリントしたい・マグカップにしたい・年賀状用の画像に使用したい等も完全フリーでしたがこれに最近「フィギアにしたい」も加わりました。全てフリーです。趣味はパンチラです。覚えておいて下さい。


Back to Top of Page