#blog-pager-newer-link { float: left; } #blog-pager-older-link { float: right; }


  Home


| ABOUT | BBS | ENGLISH |




         

         




2018- 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017- 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016- 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015- 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014- 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 :LOG




コラムのみを転載したBlogもアリ


2017/12/26
[#]ハチコラム sugeさんの「観察の練習」

ハチコラム 観察の練習


以前も少し触れた、菅さんの「観察の練習」。

献本いただいていたにも関わらず、引越しのドサクサで今日受けとることになった。
事務所(スタッフ用)と家(子供や友人用)に置いておきたいと思い、ちょうどもう一冊と思っていた矢先だ。

菅さんのイメージは、ビジュアル面でいうとシンプルだと思う。
シンプルだけど、少し、ワナがある。
(ご本人の容姿という話ではない)
これはきっと、知的なワナだけれど、観るものにそうとは気付かせないワナと余白が潜んでいる。
余白は課題に近い。
読者(観る人)に、考える隙を与えてくれる。

以前展示をされたときも、また、ディレクターをなさった展示会でも、展示会の一部を観ても、どれもこれもそうだった。
そこにはない何かを、鑑賞するものが考える余白があった。
シンプルであることはカンタンそうに見えて、実はとてもむずかしい気がする。
洗練されていなければ、それはただの手抜きになってしまう。

ブックデザインひとつとっても同じだ。
考え抜いて作られた本は、ムダがなく、美しい。
私は彼を「知っている」と言えるほどの付き合いではないけれど、イメージとしての菅さんらしい本だな、と思った。

デザインのことばかりが感想なの?
と思うかもしれないけれど、これ、文章もまったく同じで、菅さんらしいよい本だった。
計算しつくされた削りのテキストがとても読みやすい。

ふだんならスルーしてしまう、町の中、生活空間、日常の中に潜む「あれ?」というものに目を向けてみたくなる内容だ。
ちょっと立ち止まって、少し考えたりふしぎがったりしてみると、毎日単純にリピートされる生活も、好奇心によってより充実したものになっていく。

考えることは、何もむずかしいことではなくていい。
小学生、幼稚園児と同じレベル(むしろそのほうがいいかもしれない)で、そのへんに転がっていることからいくらでも発想は広がっていく。
あらかじめ用意されたものでなくても、ネットで検索しなくても、展示会で何かテーマのあるものを見なくても、【考える】は芋づる式にどんどん増幅する。
これが実は、大人にとってもアイデアが広がるいいトレーニングになる。

考えることに、答えはない。
いくらでもあるといったほうがいいのかな。
だから、それを楽しめるんだと思う。

デイリーポータルZのライター陣は、わりとこういう身のまわりを面白がることが好きだ。
私も見逃さないように歩いているけれど、集中してしまうと周囲が見えなくなって無言で近づいてしまう。
そのせいで
「よくここまで生きてこられたね」
と感心されることが多々あるので、危険を冒してまで観察する必要はないだろう。

小学校から大学まで、学校の図書館図書室に置いてあるといいのに。
ほら、(宮部からもらった)肉との相性もバッチリだよ。(画像参照)

観察の練習 | 菅 俊一 |Amazon

ラベル:



#12/26/2017 05:43:00 午後 このエントリーをはてなブックマークに追加

« Home | 日記 テイラー・スウィフトじゃない » | Twitterまとめ キリストの再臨におおまじめな人々 » | 全ての臆が大当たりしてしまう宝くじ売り場 » | 本日のTwitterまとめ » | ハチコラム3 股間をチャリから守った青春の日々 » | Twitterまとめ » | 年賀状芸人 » | おばあちゃんちみたいな喫茶店 » | カエルだけはかんべんしてくれの人、お元気ですか » | カストーディアルとカストラート »




2018- 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017- 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016- 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015- 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014- 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

Archive of Deep Red Diary (D.R.D)



サイト名:
Weekly Teinou 蜂 Womanほか
正式アドレスhttp://wtbw.net/
土屋遊またはbw
管理人について

 MENU1

Deep Red Diary
日記ログやテキスト。日記じゃねえじゃねーか等の恐喝類のメールは今まで山ほどもらってますので今更だすなバカ。

ASOBIネタ速報
「めざめよ!」こそめざめよ!

速報ネタ帳です。こちらでブックマークしたものを、コメント付きで即日・翌日あたりにメインで掲載しております。没ネタもあり。現在公開限定中です。


B級マニア新聞
国内外問わず、マヌケな事件・下ネタニュース・仰天報道をコレクション。

 投稿型MENU

参加型メニューがこんなにあります。バカみたいですNE!

ファッケロホール
モンモンした性の悩みを笑い飛ばしましょう。下半身相談。明るすぎる星教育ページ。

低能文学マガジン0点
ミニコミ。複数の低能人によるレポートコラム小説など。

ジャンクポエムアート
ジャンクなポエムとアート。投稿は掲示板です。バカポエム待ってマス。

VS uranai
異母姉妹、コレステロール伊藤とマダムXの占いバトル。当サイトのマスコット珍獣伊藤ちゃん目撃情報満載なの。


写真館(by flickr)
たまに撮った写真をアップしています。

www.flickr.com

 アンケートログ

Pool Station
ハチではたまあにアンケートを実施しています。そのログなどをぼくなつバージョンでご紹介いたします。


連絡はこちらまで

Weekly Teinou 蜂 Womanは低レベルな人種に適したサイト構成になっています。
基本形はバカです。バカを強調します。

現在は主にマヌケニュースや海外バカエロサイトの紹介などをして喜んでいますが、ご覧の通りほかにも色々やってます。




 MAIN MENU

一日数回超常現象のように更新するときもあります。頭おかしいんでしょうか。


ここ深紅日記&トピックス(DRD)
NEWS&トピックス、及び日記の最新2〜3日間くらいは全てココ。紛れもないメインページです。
最新は一番上に。

||DRDの解説もどき||
▼■はサイト、□はニュース記事になります
▼(en)は英語サイト、英語記事、もしくは不明語
▼リンク先はまれに18禁、グロテスクな画像を含みます。そうゆう趣旨ですのでお気づかいなく。
▼それでもこのページをはてなアンテナに追加します。か?
▼朝ごはんを食べることを随時目標としています。

twitter.com
更新状況とゴミメモ。あまり存在を知られていませんがメインに載せるか迷った記事や「歯が痛い」とか「腹減った」など体調の変化、そしてうさばらしにも利用しています。


 メルマガ

超不定期のサギ的メルマガを発行しています。ご希望の方は下記のどちらかにメールアドレスを入力の上『登録』ボタンを押すだけ。サギだけに。絶滅危惧種。
現在休止中です

まぐまぐ>
 
上のフォームから送信できない方はメールで受付
 
 過去のMENU
 いい人田中耕一さん
 B級投稿マニア
 まわし蹴り新聞
  373*73バナーミュージアム

▼参加停滞サイト
関心空間(bwの空間)

 コミニケイションMENU

D.B.D.B.けいじばん
正式名はドバドバなのです。現在休止中

和風Guest-Book
ゲストブック。和風味にキメてましたが休止しとる



Asobi antenna
リンク更新チェッカーです。毎日フル活用してるんだゾ
うちへの登録は
http://wtbw.net/
を推奨します。

ハチバナータンカリンクス
コメント作成に精魂使い果たしましたね。カテゴリ別に紹介。
弊社バナーはこちら

 姉妹サイト

Geisha asobi blog
国内外のバカサイトを毎日紹介する外国人向けWeblogです。当サイトと内容は被るので見るだけソンです。
英語がヘンですよ、とかいちいちメールしないで下さい。私は日本人です。


 今月の課外活動(おしごと)

デイリーポータルZ-コネタ 
@niftyデイリーポータルZ上で、書いてます。自主規制がわりかし大変なの。ネタの提供もお待ちしています!


ひとりごとライブ



 本日のオススメ



Damien Hirst


  





1997-2007 Asobi(bw)Tsuchiya W.T.B.W.1996-20xx. All Rights Reserved.
Contact wtbw@nifty.com with questions or comments regarding this site.





リンクはフリーです。顔文字もフリーです。なんでもだいたいフリーです。 まさかいらっしゃらないだろうとは思いますが、使用している画像の転載などもおおまかにフリーです。 もしかしたらいらっしゃるかもしれませんが、 管理人の画像をTシャツプリントしたい・マグカップにしたい・年賀状用の画像に使用したい等も完全フリーでしたがこれに最近「フィギアにしたい」も加わりました。全てフリーです。趣味はパンチラです。覚えておいて下さい。


Back to Top of Page