#blog-pager-newer-link { float: left; } #blog-pager-older-link { float: right; }


  Home


| ABOUT | BBS | ENGLISH |

         

         




2016- 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015- 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014- 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013- 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 :LOG






2012/03/13
[#]Life is beautiful

(via FFFFOUND! | YIMMY’S YAYO™)
Life is beautiful





3月某日 ウナギをみんなで捌いて食べる会

unagi2 (by asobitsuchiya)

 YOUTUBEでUPした動画がまるごとぜんぶ消されてしまったことでお察しいただきたい。うなぎを捌いたサマや、さらし首になってもなおのその生命力が警告に値するのだろう。つかその辺の感覚が私は少しマヒしているとみました。(自己分析)
しかし玉置氏の書かれた記事生きたウナギを捌いて食べる会はその点配慮が行き届いている。いつもはあれだけ失礼極まりない男のくせに、しかも今日(13日)は、女装までして二人羽織りライブを決行するというふとどきもののくせに、こういう点では抜け目がない。ずるい!配慮ズルい!

 ウナギは顔も好きだし形状も模様もかわいい。リアルなウナギスカーフを作って、何本も首に巻きつけたいと思っているほど好きだ。ただし味はきらい。どんな高級店に連れて行ってもらっても、あの甘いタレだけで十分で、具を人にあげて嫌われたりよろこばれたりしている。
 でも前に、フィギュアスケートの浅田真央たんが、「ウナギを捌くところを見るのが好きっ」と言うのを聞いたのを思い出し、「捌くの見学に行ったら、もしかしたら私も菩薩顔に近づけるかも・・・あわよくばトリプルアクセルがキメられるかも・・・いや、処女膜再生するかも・・・」などと妄想してしまい、つい越谷くんだりまで足を運んでしまったらとんでもなかった。

 自分で殺生しましたーーーーーー!
 一応主婦なので、そんなド下手ってことはないだろうと思っていたのだが、なぜか欲が出て一番の暴れん坊将軍ウナギを選んでしまい、三人がかりで抑えつけながらの集団殺鰻。さらに左利きなので包丁もうまく使いこなせず「絶対につぶしてはならない」と言われた苦玉と呼ばれる胆嚢までぶっ潰す始末。ほぼヤケクソで処理を終えた。
 でも殺生を果たした責任として、きちんと頂きました。(これは敬愛するさかなクンの教えです)希望通り、蒸したものではなくただの焼きだったので、あれ?意外と旨いじゃん?という結果に・・・。

 そんでもって、この前ダイエット競技会で負けて今月はまた高級うなぎを奢る約束になってるんですけども、いったいどういうことでしょうか。うなぎにとりつかれてるの?私。やぁーだー!スカーフにしちゃってもいーのー!?

ウナギをみんなで捌く会 - a set asobitsuchiya on Flickr
生きたウナギを捌いて食べる会 | 地球のココロ:@nifty





3月某日 猛禽カフェに行ったというか行った






 念願の猛禽カフェこと鷹匠茶屋に行ってきた。
本当の鷹匠であるオーナーも、奥さん?も親切で、お客さんのフクロウを撫でさせてもらったり、餌をあげるところを目の前で見せてもらったりして、コーフンのしすぎで夜は鷹の夢を見るのでは・・・今日が元旦だったら良かったのに・・・と思ったがその夢は果たされなかったしもはや元旦ではなかった。

 鷹匠といえば、それをまだ生業としていた友だちのじいちゃんを思い出す。
高校の頃、そのじいちゃんがかわいがっていた鷹に指を噛まれ、自らの手で殺してしまったという話を友だちがいきなりしたのだった。じいちゃん、すっげー!と思ったのは私だけで、その場に居合わせた友だちは全員ドン引きしていた。
 敬意は恐れおののきにも似ている。
 じいちゃんがどんな思いで自らの手で殺めたかと想像することさえ怖かった。けして痛憤ではない、悲憤な思いで息の根を止めたにちがいないと思った。自分と鷹、仕事に対する自責の念だ、「これぞプロ中のプロだ!」と、こぞって白眼視している皆の前で、大声を張り上げてじいさんを大絶賛した。アドレナリンが過剰活発で、瞳孔が随時開いていた高校時代だったので、たしか教壇に立ちあがって演説ブチかました気もする。

 でも、今思えば、私は鷹匠という職業を良くは知らないし、そこまでする必要はなかったのかもしれない。ただただ噛まれた指が痛くって、怒りに任せただけかもしれないし、あっそうか、お腹がすいちゃって捌いて食べたのかもな、とも思ったりもしている。

 私も大人になったなー。あーあ。



同日 みんなの知らないセンダック

(via 渋谷のユーロスペースにて、スパイク・ジョーンズの最新作「アイム・ヒア」と絵本作家の巨匠を追った「みんなのしらないセンダック」が同時公開中! | white-screen.jp)

ドキュメンタリー映画「みんなの知らないセンダック」は、スパイク・ジョーンズが2009年に実写版として映画化した、20世紀最大の傑作と呼ばれる絵本「かいじゅうたちのいるところ」の作家である、巨匠モーリス・センダックをインタビュー形式で追った作品だ。センダックがスパイクだけに許した絵本の実写化とその背景、センダックの歴史、そして二人を結ぶ共通点をみることができる。 

 断片的に何事か語っているスクリーン上のセンダックを観るたびに、フイに涙があふれる瞬間が何度もあって困った。「なんなんだこれは」って思った。まったく意味はなかったので「ばかじゃないの」とも思った。放つ言葉に感銘したわけでもなんでもない。「かいじゅうたちのいるところ」では映画館を飛び出したくなるほど共感して号泣したが、科学的にその成分を調べてもらいたいほど、あの時の涙粒とはぜんぜんちがう種のものだった。
 あとで思えば、尊敬と、時にはキチガイ扱いされるような才能を目の前にしたとき、意図せず溢れだす感情なのかなーとも思ったり。

 あとは時折顔や声を出す監督のスパイク・ジョーンズからひしひしと伝わる敬愛の念のなせる技だったのかも。

 どーでもいーけど長生きしてーーーーー!

--------------------------------------

そんじゃ古いネタばっかしだけど
便秘化したネタおもいっきし放出します


(via Louis Vuitton x Marc Jacobs Exhibition Recap « « ViaComIT ViaComIT)
Louis Vuitton x Marc Jacobs Exhibition Recap




(via Moleskine / Lego Pitch - BOOOOOOOM! - CREATE * INSPIRE * COMMUNITY * ART * DESIGN * MUSIC * FILM * PHOTO * PROJECTS)


レゴは凝ったものが多くて最近飽き飽きしていたけど
これはいーなー
Moleskine / Lego Pitch - BOOOOOOOM!




(via Life is beautiful » Design You Trust – Design and Beyond!)
タイトルが意味深なようも気もするし
何にも考えてないような気もする。
Life is beautiful 




(via World Record: Largest Human Mattress Dominoes)
たっのしそーなベッドマットのドミノ倒し
もちろん人間付きでーーーー!
やりてーーー
World Record: Largest Human Mattress Dominoes




(via Playing with Fire | Fubiz™)
子どもは火遊びをやってはいけないけど
大人はいいと思います。
ゴーカイ極まりない大人の火遊び
Playing with Fire





(via xu zhifeng: butterfly)
ザル蝶
xu zhifeng: butterfly




Storm in the Museum (via The Storm in the Museum | Fubiz™)
博物館災害写真いろいろ(FAKE)
The Storm in the Museum



(via MAKE | Beaded eTextile Pac-Man Cuff)
留めると光る腕輪。
MAKE | Beaded eTextile Pac-Man Cuff



(via NOTCOT.ORG)



ナナフシの孵化が仰天的だった。
この技はあと引田天功くらいしかできねーな。
Lord Howe Island Stick Insect hatching from Zoos Victoria on Vimeo.
NOTCOT.ORG



(via Suicide Girl Saved in China (5 pics) - Izismile.com)
自殺しようとしている女子を、寄ってたかって救出するご様子
Suicide Girl Saved in China (5 pics) - Izismile.com




(via 荒俣宏の電子まんがナビゲーター 第13回 楳図かずお編 - 電子書籍はeBookJapan)
せんせいのクローゼット。
もちろん誰のかわかるよね?
内容も必読!
荒俣宏の電子まんがナビゲーター 第13回 楳図かずお編 






(via The Killer Whale Submarine)
シャチボート
のりたーーい!
でもどっちかっていうと、本物のシャチに乗りたーい
The Killer Whale Submarine





(via 13 Scrumptious Miniatures - Mental Floss)
ミニチュアな食べ物
13 Scrumptious Miniatures - Mental Floss




(via Cloud inside room? Yes! Art of Berndnaut Smilde. » Design You Trust – Design and Beyond!)
雲芸術
略します。クモケー
Cloud inside room? Yes! Art of Berndnaut Smilde




ゴキブリの孵化のご様子(全シーン観れます!)
まああれですね、グロ系といえばグロ系。
グロ系とドロケイ、似てる。
thedaintysquid




mille666:

間違いメールに返信した様子
ネタであってもいい。
そこには夢がある。
間違いメールに返信した様子



otsune:

そんな技があったとは on Twitpic

そんな技があったとは on Twitpic


(via jennifer mehigan: armed/luminous)
燃えている家をカラフルにしてる人。
このシリーズ、変人ぽくていいな
jennifer mehigan: armed/luminous




(via Fresh Pics: Abandoned Antique Cars Reclaimed By Nature)
埋もれた車たち
Fresh Pics: Abandoned Antique Cars Reclaimed By Nature




(via The Half Graffiti Hotel Room » Design You Trust – Design and Beyond!)

(via The Half Graffiti Hotel Room » Design You Trust – Design and Beyond!)
http://www.mymodernmet.com/profiles/blogs/panic-room-tilt-au-vieux-panier-paris

半分グラフィティのホテル。泊まりたい!

The Half Graffiti Hotel Room
http://www.mymodernmet.com/profiles/blogs/panic-room-tilt-au-vieux-panier-paris




(via Suit made from a drop-cloth - Boing Boing)

かっこいいスーツ!
Suit made from a drop-cloth - Boing Boing




#3/13/2012 03:30:00 午後 このエントリーをはてなブックマークに追加

« Home | 狂気の情緒 » | ふざけた希望でもいーんじゃないかなー » | 大勢でやる人間の盾というのがどうもきにいらない。私なら一人で通せんぼする » | 自分発見の旅!とか言う人は、自分をみたことないのかな。鏡見りゃいつでも見れんだろ » | 最近うんことか落ちてなくてつまんないよねー(巨根ver) » | 若造に「土屋さんさあ、社会に出たことって……あるの?」 と言われたことがあります。この世は社会ではな... » | 子どもの自立は親の自立。火炎瓶、投げ放題。 » | あっーーーー!今って2012年ーーー!?まーじーでーー? » | 自分の会社や周辺を家族と称する人って、死んでんのが多いよね、生活が。本来大切にすべき人をおざなりにし... » | 死ね!ミッキーマウス! »




2016- 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015- 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014- 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
Archive of Deep Red Diary (D.R.D)


狂気の情緒
ふざけた希望でもいーんじゃないかなー
大勢でやる人間の盾というのがどうもきにいらない。私なら一人で通せんぼする
自分発見の旅!とか言う人は、自分をみたことないのかな。鏡見りゃいつでも見れんだろ
最近うんことか落ちてなくてつまんないよねー(巨根ver)
若造に「土屋さんさあ、社会に出たことって……あるの?」 と言われたことがあります。この世は社会ではな...
子どもの自立は親の自立。火炎瓶、投げ放題。
あっーーーー!今って2012年ーーー!?まーじーでーー?
自分の会社や周辺を家族と称する人って、死んでんのが多いよね、生活が。本来大切にすべき人をおざなりにし...
死ね!ミッキーマウス!





サイト名:
Weekly Teinou 蜂 Womanほか
正式アドレスhttp://wtbw.net/
土屋遊またはbw
管理人について

 MENU1

Deep Red Diary
日記ログやテキスト。日記じゃねえじゃねーか等の恐喝類のメールは今まで山ほどもらってますので今更だすなバカ。

ASOBIネタ速報
「めざめよ!」こそめざめよ!

速報ネタ帳です。こちらでブックマークしたものを、コメント付きで即日・翌日あたりにメインで掲載しております。没ネタもあり。現在公開限定中です。


B級マニア新聞
国内外問わず、マヌケな事件・下ネタニュース・仰天報道をコレクション。

 投稿型MENU

参加型メニューがこんなにあります。バカみたいですNE!

ファッケロホール
モンモンした性の悩みを笑い飛ばしましょう。下半身相談。明るすぎる性教育ページ。

低能文学マガジン0点
ミニコミ。複数の低能人によるレポートコラム小説など。

ジャンクポエムアート
ジャンクなポエムとアート。投稿は掲示板です。バカポエム待ってマス。

VS uranai
異母姉妹、コレステロール伊藤とマダムXの占いバトル。当サイトのマスコット珍獣伊藤ちゃん目撃情報満載なの。


写真館(by flickr)
たまに撮った写真をアップしています。

www.flickr.com

 アンケートログ

Pool Station
ハチではたまあにアンケートを実施しています。そのログなどをぼくなつバージョンでご紹介いたします。


連絡はこちらまで

Weekly Teinou 蜂 Womanは低レベルな人種に適したサイト構成になっています。
基本形はバカです。バカを強調します。

現在は主にマヌケニュースや海外バカエロサイトの紹介などをして喜んでいますが、ご覧の通りほかにも色々やってます。




 MAIN MENU

一日数回超常現象のように更新するときもあります。頭おかしいんでしょうか。


ここ深紅日記&トピックス(DRD)
NEWS&トピックス、及び日記の最新2〜3日間くらいは全てココ。紛れもないメインページです。
最新は一番上に。

||DRDの解説もどき||
▼■はサイト、□はニュース記事になります
▼(en)は英語サイト、英語記事、もしくは不明語
▼リンク先はまれに18禁、グロテスクな画像を含みます。そうゆう趣旨ですのでお気づかいなく。
▼それでもこのページをはてなアンテナに追加します。か?
▼朝ごはんを食べることを随時目標としています。

twitter.com
更新状況とゴミメモ。あまり存在を知られていませんがメインに載せるか迷った記事や「歯が痛い」とか「腹減った」など体調の変化、そしてうさばらしにも利用しています。


 メルマガ

超不定期のサギ的メルマガを発行しています。ご希望の方は下記のどちらかにメールアドレスを入力の上『登録』ボタンを押すだけ。サギだけに。絶滅危惧種。
現在休止中です

まぐまぐ>
 
上のフォームから送信できない方はメールで受付
 
 過去のMENU
 いい人田中耕一さん
 B級投稿マニア
 まわし蹴り新聞
  373*73バナーミュージアム

▼参加停滞サイト
関心空間(bwの空間)

 コミニケイションMENU

D.B.D.B.けいじばん
正式名はドバドバなのです。現在休止中

和風Guest-Book
ゲストブック。和風味にキメてましたが休止しとる



Asobi antenna
リンク更新チェッカーです。毎日フル活用してるんだゾ
うちへの登録は
http://wtbw.net/
を推奨します。

ハチバナータンカリンクス
コメント作成に精魂使い果たしましたね。カテゴリ別に紹介。
弊社バナーはこちら

 姉妹サイト

Geisha asobi blog
国内外のバカサイトを毎日紹介する外国人向けWeblogです。当サイトと内容は被るので見るだけソンです。
英語がヘンですよ、とかいちいちメールしないで下さい。私は日本人です。


 今月の課外活動(おしごと)

デイリーポータルZ-コネタ 
@niftyデイリーポータルZ上で、書いてます。自主規制がわりかし大変なの。ネタの提供もお待ちしています!


ひとりごとライブ



 本日のオススメ



Damien Hirst


  





1997-2007 Asobi(bw)Tsuchiya W.T.B.W.1996-20xx. All Rights Reserved.
Contact wtbw@nifty.com with questions or comments regarding this site.





リンクはフリーです。顔文字もフリーです。なんでもだいたいフリーです。 まさかいらっしゃらないだろうとは思いますが、使用している画像の転載などもおおまかにフリーです。 もしかしたらいらっしゃるかもしれませんが、 管理人の画像をTシャツプリントしたい・マグカップにしたい・年賀状用の画像に使用したい等も完全フリーでしたがこれに最近「フィギアにしたい」も加わりました。全てフリーです。趣味はパンチラです。覚えておいて下さい。


Back to Top of Page