#blog-pager-newer-link { float: left; } #blog-pager-older-link { float: right; }


  Home


| ABOUT | BBS | ENGLISH |

         

         




2016- 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015- 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014- 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013- 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 :LOG






2011/10/01
[#]どちらかというと天国よりもこの世の果てが見てみたい。この世の果てを目の前にして高笑いしたい。


でけーなーオイ!

ちょっと前、こんなつぶやきをした。

気になる昆虫を目にすると、私はもれなく「ぼくどこからきたの?」って思う。これは、私が都会に戻ってきてからというもの、きっかりと習慣になってしまった。

「ザ・子育て」と言ってもいい約12年間を、私は埼玉のド田舎で過ごした。虫は探せば必ずいた。息子のオンや、その友だちらと昆虫図鑑を覗きこんで「おしっ、今日はこの虫を探しに行こう!」などと決めれば、日が沈むまでにはほとんど見つけだすことができた。子どもらの監視と称し、ヤンキーのように道路にしゃがみこんでご近所さん連中と与太話をしている私の脚を、わらわらとアリやクモが這っていくこともあった。(糖分摂取が過剰だったからだろうか、私は異様に昆虫にまとわりつかれた)虫ケラのジャマをしないように、なぜか声までひそめてじっとしていたのを思い出す。ホラホラ見てー、私、こんなに虫に好かれるんだよ、すごいでしょー!と、息子たちの気を引くことに、まったく余念がなかった。

子どもたちに聞かれた時に平然と答えるために、難解な虫の名前も次々に(しかもググらずに!)覚えていったのも今思えば実にばかばかしい行為だっだと思う。何を食べるか、どこにいるのか、畑か、田んぼか、草むらか土の中か小川か軒先かあるいは人体か。あのとき、一生分の脳細胞を使い果たしたような気がする。しかもぜんぜん覚えてないし!そうだ、私の今の著しい記憶力低下の原因って、オンに質問されなくなったからじゃないのー?ゲシュタルトをゲシュカルトと言っちゃうのも、みんなオンのせい。そうにちがいない。グググーーーオンめーーー。

オンはいつから私に質問をしなくなったんだろう。いつから?いつから私に聞く前に、自ら辞書や図鑑やiPadを開くようになったんですかね?そんなのずるい!許可もなしに!パスワード教えたおぼえ、ないしっ!

アメンボたちがヒャッホーってしてたとこ

とゆーか、あのキラキラの日々の虫ケラたちに、私は「ぼくどこからきたの?」と問いかけることは一度もなかった、ということが言いたいんです。文字通り羽をのばし、縦横無尽に飛び交っている(ようにみえる)彼らに、そんな愚問をする発想はまるっきりなかったと。でも今、いつなんどきも、朝起きれば顔を出してくるウチんちのハエトリグモ(通称イクコ)に、ビルの谷間のアメンボに、駐車場のカナブンに、死ぬ寸前まで異性に色目を使うセミたちに、姿を見せない三丁目の秋の虫に、いきなり口の中に飛び込んできたショウジョウバエに(つい飲み込んでゴメン!)、息を殺して見張っていると、排水溝からゴキブリのように顔を出した正真正銘のゴキブリにでさえ私は思うのです。
「ぼくーぼくぼく、ねえぼくどこからきたの?」
よくきたねー。

で、みなさんご存じのように、私は後天的なバカではありますが生粋の馬鹿ではありませんから、この問いかけがいかに人間の身勝手な思い込みから成り立っているかということはようくわかってるつもりです。だけど、それでも、どーしても思ってしまう。むしろ思いたいし、あえて思う。今こうして都会で私が彼らに問いかけるのと同じように、田舎では虫たちに、歓迎されるでもなく、かといって敬遠されるでも攻撃されるでもなく「キミらどっからきたのー?どこ中ー?」と囃したてられているような、いつもそんな気分だったから、せめて、と思う。

キラキラの日々の産物がコレ

で、なんでこんなバカみたいなセリフ「ぼくどこからきたの?」がフイにでてしまうかというと、これはべつに、ちょっと頭の足りない女を演じているわけでも虫さんたちにやさしく語りかけるイカれ女を演じてるわけでもなく、ただ単にフザけているんですね。誰にもわからないのに、誰にともなく虫に話しかけることにテレてみる、ふざけてる、好きな女子に「ぶぁーか!」と言ってしまう小学生男子、そんなイメージです。ぜんぜんちがいます。えーとね、人生初の衝撃本がこの名タイトルだったから、これは私にとってはひどく身近でセンセーショナルでトラウマなセリフなんです。小4の時図書館で読んだ性教育本で、あまりにもショックすぎてコレはもう自分だけにとどめておいてはいけない、まじヤバいと思い、翌日友だち大勢ひきつれて図書館を再訪。大演説をかまして憂さ晴らしをしました。こういう性格、大人になってもたいして変わってないなあー。とゆーか変わらないもんなんだなーマジびっくりだよ。

ぼくどこからきたの?

そういえばこの前も、私が唯一触れない昆虫カマキリに遭遇したんだった。触れないけど、構造も生態も好きなタイプ。言葉が通じるなら告白しちゃいたいタイプ。夜の夢の島、そのカマキリは見たこともない素早さで(それまで私はすっかりカマキリは動きがトロいと思い込んでいたのですが・・・)一緒にいた人の肩から背中にかけて猛スピードで移動して飛んでいきました。なんだったんだろアレ・・夢かな?

幻のようなカマキリのあと、夢の島ではロメロ・カステルッチ氏の「わたしという現象」、飴屋法水氏の「じめん」を観賞。これもまたマボロシっぽい印象を残す作品だった。

月に化かされてるような妙な気分の夜に、私はよくカマキリに遭遇する(闇アルキ。月アソビ参照)。え。カマキリって、私にとってちょっと特別な存在ってことなのかな。不思議の国のアリスでいうところの白ウサギ、その役目をカマキリが果たしてるということか。闇世界への案内人ーーー!?えっーーーー!?やってる最中、メスがオスを食べちゃうというアレーー?そんなのムリーー!(混乱中)

とゆーかそうそう、あの夜は確かに謎も多かった。公演中、コウモリが大量にナニゴトかーーナニゴトかーーーとパニック気味に飛び交っていたのも化かされっぽい。コウモリたちの登場は、演出のひとつのようで、あるいは演出だったのかもしれないし、わたしが演出家だったらすかさず「ああアレね、紛うかたなく正真正銘の演出です」と言うと思う。自信満々で。
彼らを挑発するなんらかの音を流していたようにも聞こえたし、せわしなく飛び交う彼らが浮かびあがるようにライトアップされているようにも見えた。あるいはただ、夢の島の緊急事態に慌てふためいていただけかもしれない。でも仕込じゃなければ奇跡だなー。どちらにしてもすべて放射能のせい。あいつらのせいだな。帰りのもんじゃ屋で、シャーベットが小さかったのもまるごとぜんぶ。うん。



#10/01/2011 01:39:00 午前 このエントリーをはてなブックマークに追加

« Home | ツチノコ。それはサイコーの珍味 » | 髪の毛みじかくしても浮浪者っぽいってどーなんですか、実際。 » | 考案!!ダイエット! » | 関西カニ歩き » | 弱弱しさの強さ、漢字的には鰯 » | 海と製本所とニコの夏 » | イカセンターには愛がない。キティちゃんには口がない。 » | ちがうちがう、ダイエット中じゃなくって、ダイエットしようか中 » | 「せんたくのり」が変な言葉すぎて、私の頭がおかしくなったような気分に陥ってる » | 私だって恥ずかしくって言えない言葉くらいあるよ?ただチンチンとかマンコとかってへーきで言えるってだけ... »




2016- 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015- 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014- 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
Archive of Deep Red Diary (D.R.D)



サイト名:
Weekly Teinou 蜂 Womanほか
正式アドレスhttp://wtbw.net/
土屋遊またはbw
管理人について

 MENU1

Deep Red Diary
日記ログやテキスト。日記じゃねえじゃねーか等の恐喝類のメールは今まで山ほどもらってますので今更だすなバカ。

ASOBIネタ速報
「めざめよ!」こそめざめよ!

速報ネタ帳です。こちらでブックマークしたものを、コメント付きで即日・翌日あたりにメインで掲載しております。没ネタもあり。現在公開限定中です。


B級マニア新聞
国内外問わず、マヌケな事件・下ネタニュース・仰天報道をコレクション。

 投稿型MENU

参加型メニューがこんなにあります。バカみたいですNE!

ファッケロホール
モンモンした性の悩みを笑い飛ばしましょう。下半身相談。明るすぎる性教育ページ。

低能文学マガジン0点
ミニコミ。複数の低能人によるレポートコラム小説など。

ジャンクポエムアート
ジャンクなポエムとアート。投稿は掲示板です。バカポエム待ってマス。

VS uranai
異母姉妹、コレステロール伊藤とマダムXの占いバトル。当サイトのマスコット珍獣伊藤ちゃん目撃情報満載なの。


写真館(by flickr)
たまに撮った写真をアップしています。

www.flickr.com

 アンケートログ

Pool Station
ハチではたまあにアンケートを実施しています。そのログなどをぼくなつバージョンでご紹介いたします。


連絡はこちらまで

Weekly Teinou 蜂 Womanは低レベルな人種に適したサイト構成になっています。
基本形はバカです。バカを強調します。

現在は主にマヌケニュースや海外バカエロサイトの紹介などをして喜んでいますが、ご覧の通りほかにも色々やってます。




 MAIN MENU

一日数回超常現象のように更新するときもあります。頭おかしいんでしょうか。


ここ深紅日記&トピックス(DRD)
NEWS&トピックス、及び日記の最新2〜3日間くらいは全てココ。紛れもないメインページです。
最新は一番上に。

||DRDの解説もどき||
▼■はサイト、□はニュース記事になります
▼(en)は英語サイト、英語記事、もしくは不明語
▼リンク先はまれに18禁、グロテスクな画像を含みます。そうゆう趣旨ですのでお気づかいなく。
▼それでもこのページをはてなアンテナに追加します。か?
▼朝ごはんを食べることを随時目標としています。

twitter.com
更新状況とゴミメモ。あまり存在を知られていませんがメインに載せるか迷った記事や「歯が痛い」とか「腹減った」など体調の変化、そしてうさばらしにも利用しています。


 メルマガ

超不定期のサギ的メルマガを発行しています。ご希望の方は下記のどちらかにメールアドレスを入力の上『登録』ボタンを押すだけ。サギだけに。絶滅危惧種。
現在休止中です

まぐまぐ>
 
上のフォームから送信できない方はメールで受付
 
 過去のMENU
 いい人田中耕一さん
 B級投稿マニア
 まわし蹴り新聞
  373*73バナーミュージアム

▼参加停滞サイト
関心空間(bwの空間)

 コミニケイションMENU

D.B.D.B.けいじばん
正式名はドバドバなのです。現在休止中

和風Guest-Book
ゲストブック。和風味にキメてましたが休止しとる



Asobi antenna
リンク更新チェッカーです。毎日フル活用してるんだゾ
うちへの登録は
http://wtbw.net/
を推奨します。

ハチバナータンカリンクス
コメント作成に精魂使い果たしましたね。カテゴリ別に紹介。
弊社バナーはこちら

 姉妹サイト

Geisha asobi blog
国内外のバカサイトを毎日紹介する外国人向けWeblogです。当サイトと内容は被るので見るだけソンです。
英語がヘンですよ、とかいちいちメールしないで下さい。私は日本人です。


 今月の課外活動(おしごと)

デイリーポータルZ-コネタ 
@niftyデイリーポータルZ上で、書いてます。自主規制がわりかし大変なの。ネタの提供もお待ちしています!


ひとりごとライブ



 本日のオススメ



Damien Hirst


  





1997-2007 Asobi(bw)Tsuchiya W.T.B.W.1996-20xx. All Rights Reserved.
Contact wtbw@nifty.com with questions or comments regarding this site.





リンクはフリーです。顔文字もフリーです。なんでもだいたいフリーです。 まさかいらっしゃらないだろうとは思いますが、使用している画像の転載などもおおまかにフリーです。 もしかしたらいらっしゃるかもしれませんが、 管理人の画像をTシャツプリントしたい・マグカップにしたい・年賀状用の画像に使用したい等も完全フリーでしたがこれに最近「フィギアにしたい」も加わりました。全てフリーです。趣味はパンチラです。覚えておいて下さい。


Back to Top of Page