#blog-pager-newer-link { float: left; } #blog-pager-older-link { float: right; }


  Home


| ABOUT | BBS | ENGLISH |

         

         




2016- 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015- 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014- 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013- 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 :LOG






2014/06/10
[#]【喧々囂々:ケンケンゴウゴウ】タンメンとワンタンメンとタンタンメンとチャンリンシャン

人の思い込みとは恐ろしいものです。日頃から先入観を持たぬよう努めてはいるのですが、一度インプットされ、凝りかたまった脳というものはなかなか柔らかくはなりません。わたしは昨日、タンメンの真相をこの歳になってはじめて知りました。

(via Cut Food Photography – Fubiz™)

ラーメン屋さんにて、『大人気! タンメン!』と書かれたポスターが目の前に貼ってあったのです。見ることを強いられた真正面でした。この運命の出会いがなければ、わたしはタンメンをワンタンだと思いこんだまま生涯を終えていたと思います。

-- ん? タンメン? んんんー?
わたしはフクロウのように首をナナメにして、心の中で
(んーーーー?)
と思っていました。
「この写真、まちがい……?」
それは首をかしげようが逆立ちしようが、どの角度から見てもフツーのラーメンの野菜盛りだったのです。
-- アハハ、写真ミスったな。
などとのんきに思っていましたが、かといってわたしの命に別条はありません。味噌ラーメンを食べるのにたいへん忙しく、さほど気にしてはいませんでした。ところが、セットで注文したはずのギョウザが一向にこないことで、ラーメンを食べ終えたわたしはヒマを持てあましました。目を細めて今一度タンメンを凝視することになります。
-- ちがう……。これ、タンメンじゃない……。
そこでなんとなく、本当になんとなく、ギョウザがこないからなんとなく、iPhoneを取り出して検索してみたのです。
タンメンとは、茹でた中華麺に、炒めた肉野菜をダシとタレで煮込んだスープを掛けた日本の麺料理。
タンメン - Wikipedia
ええええええーーっ!? コレってただの野菜ラーメンなんじゃ……。とはいえ天下のwikipediaさんがそうおっしゃっているからには、信じなければならないでしょう。ギョウザはなかなかきません。それどころか厨房では
「ギョウザ入ってるの? 3番テーブルさんまだなの」
と言う声が聞こえてきましたが、3番のわたしはもうそれどころではありません。タンメンとワンタンを勘ちがいしたまま、3番として一生を過ごすのかどうかの瀬戸際ですから、今度はワンタンをググることに躍起になりました。
-- マ、マジか。
47年間思い描いてきたわたしの「タンメン」は、あきらかに「ワンタン」であり、それがまちがいだったことにようやく気付いて愕然としているところにギョウザが運ばれてきました。これ、ギョウザって名前でいいのかな……と、何もかも疑心暗鬼になりながら食べたギョウザというシロモノ、まあまあといったところでしょうか。そんなことよりタンメンです。この思い込みがいったいどこから来たものなのか、できる限り脳内逆再生したところ、これもそれもぜんぶマルちゃんが悪い、ということに結論付けました。
(via ロングセラー図鑑 マルちゃん トレーワンタン | まだある。昭和ナビ)
そして人の思い込みとは、揺るぎない強靭なパワーを持っているもんだなあ~と思いながら、わたしはTwitterでナウな心情を素直につぶやいたのです。

なんと、タンメンがどういうものなのか、今日初めて知って愕然としている…(ずっとワンタンをタンメンだと思っていた…)

ここからです。ここから第二幕、火ぶたが切られます。
砂糖に集るアリのように、わたしのココロのつぶやきに食らいついた40代の女性陣。あああっ! というまに『喧々囂々(けんけんごうごう)』となっていき、ジェットコースターで急降下するようなスリルを味わいました。きちんとボケ(しかも徹底をきわめた)をカマしてリカバリーを入れたり、本題から逸脱してもシャーシャーとしている点など、最年長のわたしでも「見習わなければ」と、身の引きしまる瞬間が多々ありました。

身の引きしまる方々
_MG_7306 (by asobitsuchiya)
いや、ぜんぜん引きしまってなかった......(一人、30代がいます)
Crazy Abalone — (by asobitsuchiya)

「三人寄れば文殊の知恵」という諺は、もうわたしたちには通用しないということ、たしかに3人以上女が寄れば、たいへんな姦しさだということを身を呈して証明しています。「読むだけでうるさい」そう思われた方も多いかもしれませんが、「居るだけでうるさい」と言われたことのあるわたしですからはっきし言ってこれ、まだまだ序の口ですね。

2時間半に及んだ狂態の終着点は、予想だにしなかった展開になっています。ほんの一部を抜粋しますので、今後の参考になさってください。ネットでもリアルでも充分活用できることでしょう。


土屋遊 @wtbw
なんと、タンメンがどういうものなのか、今日初めて知って愕然としている…(ずっとワンタンをタンメンだと思っていた…)

マリ絵 @marie_y
↑わたしもよくわかってない。タンタンメンとはまたちがうよねー。

船長 @captainriot
ふたりともしっかりしてください…

ヨヨ @yoyosuzuki
肉味噌っぽいのがのってるやつじゃないの?(ググってません


40過ぎた女4人が、タンメンと、ワンタンメンと、タンタンメンのちがいについて頭を悩ませております。わたし以外みんなおりこうさんだと思っていたのに!裏切られた!


三人寄れば文殊の知恵、という諺は、40過ぎの女には当てはまらないことを痛感しています。


私は頭悩ませてないです…。


わ!話ややこしくなってきた(笑)ちなみにワンタン麺は広東、坦々麺は四川、ジャージャー麺は北京、タンメンは日本。らしいです発祥。


↑このように漢字を乱用してですね、さらに混乱させようとする戦術…!


広東も四川も北京も同じじゃなかったのかよ!


もう麺のことは考えたくない

 
ワンタン麺だけは、ワンタン+麺だからなんか違うくないですか?それともジャージャー麺もタンタン麺も、ジャージャー+麺、タンタン+麺ですか?むずかしい。(ぐぐりません)


わかった!もーうわかっちゃった!タンメンと、タンタンメンと、ワンタンメンと、チャンリンシャンのちがい、確実にわかった!


タンメンって炒めた野菜が乗ってるやつじゃない?(ググってませんから


それってだいたいチャンポンでしょう。


↑これはワザとなのか?


だいたいチャンポン…!ウケるなー!
だいたい!チャンポン!


うけるツボがわかりません。グーグルで「タンメン ちゃ」まで打ったら「ちゃんぽんの違い」と出るから多くのひとがそうおもってるということですよ。


「だいたいチャンポン」で今回は〆たいと思う。名言だから。


私一人真面目で申し訳なくなってきた


↑ヤバい。大爆笑した


↑どこ、おかしいの。


ちなみに福岡でチャンポンといえば、食べ物じゃなくてガラスのこうゆうの


↑これペコポンていうのかと思ってました…。


↑いやポコペンだよ。それかビードロ!


私もポコペン派


どうして40越え女が集まると、タンメンからポコペンの話題にシフトしますか。


「だいたいチャンポン」の会、やりたい。
「一人だけ大真面目で申し訳ない」の会もやろう

......とりあえずここで終焉。

その後しばらくして、ヨヨが「カーディガンを裏返しに着ているひとには注意してあげた方がいいのか?」などという質問を投げかけてきたので親切丁寧にお答えしましたがシカトされました。リアルでも頻繁に発生する寝オチです。

そういえば、タンメン、ワンタン、タンタンメンツアーをやろうということになりました。ですがその頃にはまたイチから「ワンタンはねー」などと同じ展開を繰り広げることと思います。堂々巡り。それが、大人になるということなのです。ぜんぜんちがいます。

大人もまあ悪くないヨ!
2012-11-2-神田TAT - 38 (by asobitsuchiya)
(一人、30代が......)
Crazy Abalone — (by asobitsuchiya)

今日は長文になったので、ネタはまた明日の午前にでも。
(言ったことを守らないこともオトナです)



#6/10/2014 11:46:00 午後 このエントリーをはてなブックマークに追加

« Home | 【御御御付:オミオツケ】ちょっとフザけてんじゃないのか » | 【ドヤ顔:ドヤガオ】バカはかぜをひかないのか » | 【シカト】シカトシステム開発により、わたしを黙らせることに成功した事例 » | 【禁止:キンシ】禁止、その禁断の愛 » | 夫すごいコーゲキ » | 【ん】ん。『ん』活用法 徹底ガイド » | 【わ】輪ゴム ヤらしくない方のゴムです! » | 【ろ】ろうそく 怪しいものではありません! » | 【れ】レーシング わたしのおっぱいが、一番デカかった頃のことです! » | 【る】ルイベ 必殺必死必勝!しりとりガイド »




2016- 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
2015- 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014- 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
Archive of Deep Red Diary (D.R.D)



サイト名:
Weekly Teinou 蜂 Womanほか
正式アドレスhttp://wtbw.net/
土屋遊またはbw
管理人について

 MENU1

Deep Red Diary
日記ログやテキスト。日記じゃねえじゃねーか等の恐喝類のメールは今まで山ほどもらってますので今更だすなバカ。

ASOBIネタ速報
「めざめよ!」こそめざめよ!

速報ネタ帳です。こちらでブックマークしたものを、コメント付きで即日・翌日あたりにメインで掲載しております。没ネタもあり。現在公開限定中です。


B級マニア新聞
国内外問わず、マヌケな事件・下ネタニュース・仰天報道をコレクション。

 投稿型MENU

参加型メニューがこんなにあります。バカみたいですNE!

ファッケロホール
モンモンした性の悩みを笑い飛ばしましょう。下半身相談。明るすぎる性教育ページ。

低能文学マガジン0点
ミニコミ。複数の低能人によるレポートコラム小説など。

ジャンクポエムアート
ジャンクなポエムとアート。投稿は掲示板です。バカポエム待ってマス。

VS uranai
異母姉妹、コレステロール伊藤とマダムXの占いバトル。当サイトのマスコット珍獣伊藤ちゃん目撃情報満載なの。


写真館(by flickr)
たまに撮った写真をアップしています。

www.flickr.com

 アンケートログ

Pool Station
ハチではたまあにアンケートを実施しています。そのログなどをぼくなつバージョンでご紹介いたします。


連絡はこちらまで

Weekly Teinou 蜂 Womanは低レベルな人種に適したサイト構成になっています。
基本形はバカです。バカを強調します。

現在は主にマヌケニュースや海外バカエロサイトの紹介などをして喜んでいますが、ご覧の通りほかにも色々やってます。




 MAIN MENU

一日数回超常現象のように更新するときもあります。頭おかしいんでしょうか。


ここ深紅日記&トピックス(DRD)
NEWS&トピックス、及び日記の最新2〜3日間くらいは全てココ。紛れもないメインページです。
最新は一番上に。

||DRDの解説もどき||
▼■はサイト、□はニュース記事になります
▼(en)は英語サイト、英語記事、もしくは不明語
▼リンク先はまれに18禁、グロテスクな画像を含みます。そうゆう趣旨ですのでお気づかいなく。
▼それでもこのページをはてなアンテナに追加します。か?
▼朝ごはんを食べることを随時目標としています。

twitter.com
更新状況とゴミメモ。あまり存在を知られていませんがメインに載せるか迷った記事や「歯が痛い」とか「腹減った」など体調の変化、そしてうさばらしにも利用しています。


 メルマガ

超不定期のサギ的メルマガを発行しています。ご希望の方は下記のどちらかにメールアドレスを入力の上『登録』ボタンを押すだけ。サギだけに。絶滅危惧種。
現在休止中です

まぐまぐ>
 
上のフォームから送信できない方はメールで受付
 
 過去のMENU
 いい人田中耕一さん
 B級投稿マニア
 まわし蹴り新聞
  373*73バナーミュージアム

▼参加停滞サイト
関心空間(bwの空間)

 コミニケイションMENU

D.B.D.B.けいじばん
正式名はドバドバなのです。現在休止中

和風Guest-Book
ゲストブック。和風味にキメてましたが休止しとる



Asobi antenna
リンク更新チェッカーです。毎日フル活用してるんだゾ
うちへの登録は
http://wtbw.net/
を推奨します。

ハチバナータンカリンクス
コメント作成に精魂使い果たしましたね。カテゴリ別に紹介。
弊社バナーはこちら

 姉妹サイト

Geisha asobi blog
国内外のバカサイトを毎日紹介する外国人向けWeblogです。当サイトと内容は被るので見るだけソンです。
英語がヘンですよ、とかいちいちメールしないで下さい。私は日本人です。


 今月の課外活動(おしごと)

デイリーポータルZ-コネタ 
@niftyデイリーポータルZ上で、書いてます。自主規制がわりかし大変なの。ネタの提供もお待ちしています!


ひとりごとライブ



 本日のオススメ



Damien Hirst


  





1997-2007 Asobi(bw)Tsuchiya W.T.B.W.1996-20xx. All Rights Reserved.
Contact wtbw@nifty.com with questions or comments regarding this site.





リンクはフリーです。顔文字もフリーです。なんでもだいたいフリーです。 まさかいらっしゃらないだろうとは思いますが、使用している画像の転載などもおおまかにフリーです。 もしかしたらいらっしゃるかもしれませんが、 管理人の画像をTシャツプリントしたい・マグカップにしたい・年賀状用の画像に使用したい等も完全フリーでしたがこれに最近「フィギアにしたい」も加わりました。全てフリーです。趣味はパンチラです。覚えておいて下さい。


Back to Top of Page